能登いか屋さん 会社概要 能登いか屋さん 小木港物語

■いかの産地・小木港はここにある!


 

ogi-port.jpg

日本海に突き出した能登半島。

能登半島沖の日本海は、対馬暖流と千島寒流がちょうどぶつかる地点にあたります。

荒々しい印象を与える能登半島・外浦。そして、穏やかな印象を与える能登半島・内浦。

毎年、解禁日の6月頭に、石川船団は能登半島沖、さらには日本海沖を目指して、ここ小木港から出港していきます。

いかが満載になると帰港し、水揚げ、燃料や食料を積み込んだらまたすぐに出港。

「板子一枚下は地獄」の厳しい日本海沖でのいか釣漁が、12月、1月まで続きます。

  

■皆さんは、いかの歴史は能登が古いって知っていますか?


 DCF00708.jpg  

(小木港:大型いか釣船出港 家族が紙テープを持って船を見送る)

皆さんは、いかの歴史は能登が古いって知っていますか?

いか釣漁は歴史が一番古く、大正の初期頃、エンジンもついていない和舟で、 風のある時は帆を揚げ、風のない時は5丁の櫓で漕ぎ、いかを追いかけて能登から、北海道の江差、松前、函館までも、いか釣漁を開拓していきました。

その頃の能登の漁師たちは"能登衆と呼ばれ、一目置かれる存在でした。

現在のいか釣り船団は“石川船団”と呼ばれています。

DSC_1.jpg

(小木港:大漁旗をかかげ出港を待ついか釣船)

  「小木」と「姫」という小さな漁村ですが、石川県のいかの90%以上の水揚げを誇っています。

私達は、そんな歴史のあるいかを新鮮に美味しく皆様にお届けしようと、努力しています。

   

 

■産地にて加工/ 能登半島・小木港は、函館、八戸と並ぶいかの三大漁港です


 

姫港
(姫港)


能登半島・小木港は、函館、八戸と並ぶいかの三大漁港です。

その中でも小木のいかは、「小木物」と呼ばれ、業界ではブランド物として高値をつけます。

当組合は、その鮮度、品質の良い小木のいかのみを使い、商品化します。

元々小木港のいか釣船の親方をしていた組合長自ら現場(作業場)に入り、商品作りをしています。

商品を製造する際、いかを知り尽くした組合長のこだわりは、なんと言っても鮮度保持です。

大量生産ではまねできない製法で、この小木港近くにて、下処理から仕上まで一貫して鮮度重視で行います。

また小木港沖では、深度320メートルから海洋深層水が取水されています。

日本海の固有水と言われ、ミネラルが豊富で、鮮度保持効果や清浄性のある"海洋深層水"をいかを加工する際に使用しております。

出港風景掲載リンク⇒ブログ「出港風景」